トップページ >> 市場関連ニュース >> 七条中学校で講演

七条中学校で講演

  • 市場関連ニュース

1月17日(木)京都市立七条中学校において、1年生を対象とした「総合学習」授業で、中央卸売市場の仕事について講演に行ってきました。

この授業は「ようこそ先輩」と題して、地域の事業所との連携を大切にしながら、子供たちに将来の夢や希望を膨らませる授業で、当組合中川理事長が市場の仕組みやセリの手やりの方法などわかりやすく実践を交えながら講演をしました。

生徒たちは、特にセリの手やりに興味があったようで後日、お礼の感想文でも、日本で最初にできた中央市場で地域に誇れる施設が身近にあることや市場の仕事の大切さ、プロの値段の決め方に興味を持つことができたとのことでした。

↑このページのトップへ