トップページ >> 仲卸業者の仕事とは?

仲卸業者の仕事とは?

 当組合の組合員である青果仲卸(なかおろし)業者は、京都市長の許可を得て中央卸売市場内に店舗を構えております。卸売業者が全国各地から集荷した遠地野菜・果物を買い受け、小売業者などが買いやすい単位に仕分け・調整し、販売する事を業務としています。仲卸業者は、専門的な立場から消費者に代わって品物を評価し、市場における適正な価格形成に重要な役割を果たしています。

※解説中の[下線の付いた用語][中央市場の仕組み]ページでも、詳しく紹介しています。
合わせてご覧下さい。
にカーソルを合わせますと、用語の説明が表示されます。

仲卸業者の主な仕事

評価(公正な価格形成)
 せり取引売り手が、多くの買い手に競争で値をつけさせ、一番高い値をつけた人に物品を販売する取引方法です。は、最も高額な金額を提示した者が買い受けるという、買い手が品物の価値を評価するシステムです。中央卸売市場のせりにおいて買い手となる仲卸業者中央卸売市場内に店舗を持ち、卸売業者から買い付けた物品を細かい単位に仕分け、調整し、小売業者、大口需要者等に販売することを業務としています。には、常に変化する生産と消費の動向を予め把握した上で、品物の質、鮮度を総合的に判断し、瞬時に評価(入札)を行う能力が求められています。また、相対取引売り手と買い手が話し合って、数量や価格を決める取引方法です。でも売り手(卸売業者多種多様な生鮮食料品等を全国各地や外国から継続的に集荷し、仲卸業者や売買参加者に販売することを業務としています。)と買い手(仲卸業者)が全体の大きな相場を形成する機能を持っており、ここでも仲卸業者の評価機能が発揮されています。せり場に設けられている電光掲示板では、当日の取引数量、及び前日の数量・相場が表示されており、取引に活用されています。

分荷(商品の振り分け)
 国内はもとより世界各国から中央卸売市場に集荷された大量の野菜や果物は、その規格なども区別すると実に多種多様となります。売り手である卸売業者が商品を直接小売業者や大口需要者ここでは、レストラン等の飲食店やホテル、食品加工業者等の事業者の事を言います。等に小分けにして販売する事は不可能です。ケース単位で取引される青果物を、お客様のニーズに合わせて細かく分け、種類を揃えて販売するのも、仲卸業者の大切な役目の一つです。スーパー等に並ぶ野菜や果物は、販売単位毎にパック詰めされていることもありますが、これも仲卸業者がその役割を担っています。

安心・安全への取り組み

食品の流通を担う仲卸業者として、新鮮で安全・安心な野菜・果物を皆さまの元へお届けする為、さまざまな取り組みを行っております。

温度管理
 食品の鮮度保持に重要なのは、なんと言っても温度管理です。温度を低く保ち野菜や果物の細胞活動を低下させ、微生物の繁殖を抑える事で、新鮮な状態で市場に入荷した青果物を、出来るだけ新鮮な状態のまま出荷させています。また、青果物の中には収穫後時間をかけて追熟させる事で甘く、柔らかくなる物もあります。これらも正しく温度管理をする事で、消費者に渡るタイミングで最もおいしくなるように調節しています。店舗に青果物を陳列する際にも、低温に保つ為に店舗ごと透明のカーテンで囲い内部温度を正確に管理しており、また大型冷保管庫もモートラ市場内で利用されている小回りの利く電動運搬車で、正式には「ターレット式構内運搬自動車」と言いますが、京都市中央卸売市場内では商標名から取った「モートラ」という呼び名で通っています。
ごと入れるようにしており、出庫・入庫時の外気に触れる時間を短縮するなどの温度管理措置をとっています。

環境配慮型運搬機の導入
 市場内では蔬菜や果実など多種・多量の品物を扱っていますが、それらの商品はモートラやフォークリフトなどで搬送しています。以前はガソリンエンジンが動力でしたが、運搬商品の増加に伴い騒音及び排気ガスによる空気の汚染、商品への臭い移りなど環境衛生面を配慮し、昭和45年頃からモートラの電動化を順次進めてきました。昭和56年に新しい第1青果棟へ移転した時は、全ての店舗で電動式モートラが活躍していました。また、フォークリフトも順次ガソリン式からプロパン式に切り替え、現在は全てプロパン式となっています。

↑このページのトップへ