京都中央市場青果卸売協同組合(青仲:せいなか)は、京都市中央卸売市場第一市場において遠地野菜と果物を取り扱う仲卸業者の組合です。

  • 季節の野菜

 早い時期に出る栗を早生(ワセ)と言います。昨年はこの早生の入荷量が少なかったのですが、今年は順調であったために、その後に出てくる中生(ナカテ)も順調な出荷があると思われていました。しかし、台風の影響やその後の気温低下の …続きを読む

  • 京都歳時記

時代祭

時代祭は、葵祭・祇園祭とともに京都三大祭のひとつであります。 明治から平安時代までさかのぼる文物風俗を再現する市民参加の行列で、平安遷都1100年記念行事として、平安神宮の創建とともに明治28年に始まりました。 約2,0 …続きを読む

  • 市場関連ニュース

市場市民感謝デーの開催について

 京都市中央卸売市場第一市場(京朱雀市場)では、市民の皆様に日頃の感謝の気持ちを表すとともに、生鮮食料品等の消費拡大を目的に、本年4月から毎月第1土曜日に「京都市中央卸売市場第一市場 市民感謝デー 京朱雀市場 食彩市」を …続きを読む

  • 京都歳時記

祇園祭

もとは「祇園御霊会(ごりょうえ)」と呼ばれ、貞観11年(869)、全国に疫病が流行したとき、神泉苑で悪疫退散を祈る御霊会を行ったのを始まりとします。山鉾の巡行が始まるのは南北朝時代、町衆が主体となり盛大な祭となりました。 …続きを読む

  • 組合からのお知らせ

食べて応援しよう  被災地を応援

 東日本大震災の被災地支援のため、5月7日(土)午前10時から「京朱雀市場 食彩市」において被災地及びその周辺で生産された青果物の販売コーナーを設け、市民の皆様に青果物の安全性などのPRをして販売いたしました。  販売品 …続きを読む

  • 京都歳時記

葵祭

まさに平安絵巻さながらの行列 葵祭は、上賀茂神社と下賀茂神社の例祭で賀茂祭ともよばれます。平安時代には「祭」といえばこの葵祭のことをさし、『源氏物語』や『枕草子』にも登場します。勅使を中心に検非違使、内蔵使(くらつかい) …続きを読む

↑このページのトップへ