時代祭

  • 京都歳時記


時代祭は、葵祭・祇園祭とともに京都三大祭のひとつであります。
明治から平安時代までさかのぼる文物風俗を再現する市民参加の行列で、平安遷都1100年記念行事として、平安神宮の創建とともに明治28年に始まりました。

約2,000人、2kmにも及ぶ時代行列が、鼓笛を響かせながら行進する維新勤皇隊を先頭に、京都御所を出発(正午)し、烏丸通、御池通、河原町通、三条通、神宮道を通って平安神宮(午後2:40頃到着)に向かいます。

行列の見どころは、なんといっても綿密な時代考証と伝統工芸技術の粋を集めて復元された調度や衣装・祭具。まさに生きた時代絵巻といえます。

↑このページのトップへ