トップページ >> 市場関連ニュース >> 市場市民感謝デーの開催について

市場市民感謝デーの開催について

  • 市場関連ニュース

 京都市中央卸売市場第一市場(京朱雀市場)では、市民の皆様に日頃の感謝の気持ちを表すとともに、生鮮食料品等の消費拡大を目的に、本年4月から毎月第1土曜日に「京都市中央卸売市場第一市場 市民感謝デー 京朱雀市場 食彩市」を開催しています。

7月~9月の間は、食の安全・安心の観点から、夏期休止しておりましたが、10月から再開しますので、お知らせします。

食彩市では、普段入ることのできない仲卸店舗において、新鮮で安全・安心な市場の食材を直接ご提供するとともに、市場関係者との会話を通して、食材の見分け方やおいしい食べ方など、食材に関する知識を深めていただくことができます。そのほか、マグロの解体ショーをはじめとするイベントや、旬の食材のお買いもの及び市場ならではのお食事など、盛りだくさんの内容ですので、是非お越しください!

 また、農林水産省が被災地復興のために呼びかけている「食べて応援しよう」のキャッチフレーズの下、被災地支援の特設コーナーを設け、被災地やその周辺地域で生産された青果物、水産物及び加工品等の販売も行います。

日時
  平成23年10月1日(土曜日)午前10時から正午まで (雨天決行)

その他、詳しくは京都市公式サイト「京都市情報館」をご覧下さい。

※写真は前回の様子です。

↑このページのトップへ