トップページ >> 組合からのお知らせ >> 食の海援隊・陸援隊事業「仕入れ体験」開催

食の海援隊・陸援隊事業「仕入れ体験」開催

  • 組合からのお知らせ

 京都市中央卸売市場第一市場では、「食の海援隊・陸援隊」会員を対象に、「仕入れ体験」を開催します。

 本事業は、今回初めて開催するもので、普段入ることのできない仲卸店舗で食材の購入などを行い、市場で取り扱われている多種多様で新鮮、高品質な食材を実感していただくとともに、市場関係者との会話を通して、食材の見分け方やおいしい食べ方など食材に関する知識を深めていただくものです。

1 日時
  平成22年12月4日(土曜日) 
  午前8時45分から午前10時30分まで

2 場所 
  京都市中央卸売市場第一市場「京朱雀市場」(きょうすざくいちば)
  水産仲卸店舗、綜合食品店舗、関連事業者店舗
  (京都市下京区朱雀分木町80番地)

3 参加者
  食の海援隊・陸援隊会員

4 内容
   ◇ 仕入れ体験
     鮮魚,塩干物,水産加工品,佃煮,漬物,卵,鳥肉,乾物,
     蒲鉾,生麩,豆腐,促成野菜,珍味,味噌,調味料,豆,
     漆器,陶器,竹製品,包丁,調理道具 等
   ◇ 飲食店(和食,洋食,中華,喫茶等)でのお食事

  ※青果仲卸店舗での野菜、果物、京野菜の販売はありません。

5 主催
  京都市、京都市中央卸売市場協会

「食の海援隊・陸援隊」とは
  食料の生産の現場である産地での活動等を通じて食に関する知識を養い、生産者や市場関係者と共に本来の「食」の在り方を考える会員制度で、平成16年度に発足しました。本市に居住又は通勤・通学されている小学生以上の方を対象とし、今年度の会員数は642名です。

↑このページのトップへ