市場開設90周年記念式典 | 京都中央市場青果卸売協同組合
トップページ >> 市場関連ニュース >> 市場開設90周年記念式典

市場開設90周年記念式典

  • 市場関連ニュース

平成29年12月17日(日)午前11時から、京都市中央卸売市場第一市場開設90周年記念式典が
リーガロイヤルホテル京都・朱雀の間において開かれました。

京都市中央卸売市場は、昭和2年12月11日に日本で初の中央卸売市場として開設され、
農水産物を市場内の卸売業者・仲卸売業者を通じて小売店・料理店など消費者の皆さんに
安全安心な生鮮食料を供給しています。

当日は、市場関係者約400人が出席し、門川大作京都市長の式辞に始まり、
市場運営に永年尽力した功労者に感謝状及び表彰状の贈呈がありました。

そのあと、春秋の間に会場を替え、祝賀会が行われました。
会場には、毎年当組合の果実部・蔬菜部の担当が伏見稲荷大社に奉納している青果盛りを設け、
会場に花を添えました。

閉会の挨拶では、当組合の中川恵司理事長が100周年に向け「温故知新」の精神で
さらなる発展を誓いました。

↑このページのトップへ