トップページ >> 組合からのお知らせ >> 29年度産地支援活動

29年度産地支援活動

  • 組合からのお知らせ

 平成29年10月26日(木)、産地支援活動として青果組合中川恵司理事長を隊長として陸援隊39名と京丹後市間人へブロッコリー収穫体験と堀川ごぼうの圃場見学に行って来ました。超大型台風21号の通過の後で産地の被害も心配されましたが、京丹後市役所・JA京都間人支店のご協力により、また当日は晴天にも恵まれ、無事に実施することができました。

 最初に、岡崎 浩和さんの『ブロッコリー圃場』で説明を受けた後、収穫体験を行いました。その後、「満点青空レストラン」「よーいドン」「ためしてガッテン」など数々のテレビ番組でも紹介されている『堀川ごぼう』生産者 野木 武さんの圃場で説明と見学を行いました。堀川ごぼうの生産にはカニ殻を始めとする有機質の肥料を使用する循環型農業に取り組んでいるとのことでした。

 昼食をはさんで京丹後市庁舎で産地生産者との交流会を行いました。京丹後市は、京都府の一大農業生産地としてブランド米や野菜・果物を京都市を始め全国各地に出荷されており、食育教育も熱心に行われていることがよくわかりました。





↑このページのトップへ