トップページ >> 市場関連ニュース >> HACCP講習会を開催

HACCP講習会を開催

  • 市場関連ニュース

3月2日、青果卸売協同組合の全店舗を対象としてHACCP講習会を開催しました。
HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)食品衛生管理の国際基準の義務化をにらみ、イカリ消毒株式会社の営業部コンサルタントである、脇 洋平 様を講師として、約1時間の講習会を実施しました。

国においては全ての食品事業者を対象として、HACCPの義務化に向けて関連法の改正が来年に予定されている中、市場の衛生管理についても今以上に取組が必要になっています。

-----
HACCP(ハサップ)
HACCP とは、食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある微生物汚染等の危害をあらかじめ分析(Hazard Analysis)し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという重要管理点(Critical Control Point)を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生管理の手法です。
「厚生労働省HPより」

↑このページのトップへ