トップページ >> 市場関連ニュース >> 蔬菜部産地研修

蔬菜部産地研修

  • 市場関連ニュース

蔬菜部では、平成29年2月22日に、大分県農業協同組合並びに大葉圃場の視察と、杵築市でのスナップハウス視察を行いました。
蔬菜部産地研修には、北尾部会長以下部員25名と、京都青果合同株式会社長尾部長、京都市から中道農産品係長、渡邊担当の総計28名が参加をしました。

最初に大分県農業協同組合で長年京都中央市場にニラ、大葉、三つ葉、牛蒡をはじめ多くの農産品を出荷していただいている中西部事業部様に優良出荷者表彰を行い、京都市長の感謝状及び記念品の贈呈を行いました。その後、意見交換会を行い、生産者は今までより以上に品質を向上し出荷を行うので、京都市場でも販売を強化することを確認しました。

大葉圃場視察では「甲斐農園」の社長から説明を受け、生産・調整・出荷までの工程を案内していただきました。

杵築市スナップエンドウのハウス視察では、年々需要が増えているとのことお話しを伺う事が出来ました。

↑このページのトップへ