トップページ >> 京都歳時記 >> 人日の節句(1月7日)

人日の節句(1月7日)

  • 京都歳時記


五節句の一つ「人日の節句」

◆五節句◆
人日(じんじつ)の節句 1月7日 七草の節句 七草粥
上巳(じょうし)の節句 3月3日 桃の節句・雛祭
端午(たんご)の節句 5月5日 菖蒲の節句 菖蒲酒
七夕(しちせき)の節句 7月7日 七夕(たなばた)
重陽(ちょうよう)の節句 9月9日 菊の節句

 1月7日は七草粥を食べる「人日(じんじつ)の節句」。お正月のご馳走にちょっと疲れた胃を休め、また冬枯れの季節に青いものを補給できるなど、実に理にかなった習慣は、古代中国が発祥です。
 中国では、お正月の1日に鶏、2日に狗(犬)と、8日まで順番に占いをおこなう習慣があり、7日は人。その日は晴れなら吉で、雨なら凶と言われたため、人は邪気を祓うという七草粥を食べて、占いに備えました。

春の七草とは、せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ(大根)。
昔は、

♪なずな七草 唐土(とうど)の鳥が 日本の国に渡らぬ先に…


と歌いながら、包丁で七草を刻んだそう。近頃はスーパーで「七草粥セット」も売られているので、気軽に生活に取り入れられます。

 御香宮神社での七草粥のふるまいは、行列が出来るほどの人気です。西院春日神社では、この日に白い馬を見れば健康に暮らせるという言い伝えから、「白馬(あおうま)飾り」を公開、風邪・中風除けの勝栗守りの授与もあります。西陣の町家、冨田屋(とんだや)では、七草を刻むときに共に歌を歌い祝い、七草粥ミニ懐石を味わう集いが好評。また、城南宮の七草粥は、旧暦の2月7日に近い2月11日にふるまわれます。

出典:(株)宮帯出版 京ごよみ手帳2010

↑このページのトップへ